日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【NOAHコイン】前代未聞の国家プロジェクト〝NOAH PROJECT〟

ニュース

【NOAHコイン】前代未聞の国家プロジェクト〝NOAH PROJECT〟
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

NOAHコイン」は、

フィリピンの貧困層を救う目的のプロジェクトに使用される仮想通貨(暗号通貨)です。

「暗号通貨×金融×都市開発」
この世界のマーケットを巻き込んだ一大プロジェクト!

2017111日からプレセール第1期が始まり、第2期・第3期・第4期を経て
フィリピンの独立記念日である2018612日に公開予定です。


【プレセール期間】

第1期:2017年 111日~ 219日(日本とフィリピン)

第2期:2017年 4月 3日~ 528日(日本とフィリピン)

第3期:2017年 724日~ 101日(アジア全域)

第4期:20171211日~ 430日(全世界)

一般公開:2018612日(フィリピンの独立記念日)



今まさに、莫大な先行者利益を得ることができるプレセール期間中です!

100人がいたら100人全員が大きな利益を得ることが出来ます。



このノアプロジェクト(NOAH COIN)について説明していきますね!!

NOAHCOINの公式動画

未曾有の危機に直面している日本

私は今年の1月前半まで、仮想通貨(暗号通貨)なんて、得体の知れない怪しいものだと本気で思っていました。


知らない、って怖いですね

私が知るはるか前に仮想通貨(暗号通貨)は「お金」として便利に使用されていました。

私が、とても便利に感じているのは、ビットコインのデビットカードです!!


ビットコインのデビットカードを入手すると、
VISAMasterCardなどカード加盟店ならどこでも利用可能であり非常に便利です。

知名度が高いビットコインのデビットカードは、「Wirexデビットカード」です。




仮想通貨(暗号通貨)の勉強をしたことで視野が広がりました。

年金問題、老後不安、少子高齢化、増税、インフレ、大企業神話崩壊

このまま行くと、今後10年、20年後にはとんでもない悲惨な時代が待っています。


まず第一に、

年金で生活するのは100%不可能であることは間違いないですよね。

当初年金というのは、60歳から貰えるというのが条件でした。

しかしそれが上がり今では満額が貰えるのは65歳になっています。

更に今は、それが70歳になると言われています。

この調子で行くと後10年後、20年後「じゃあ、年金は75歳から支給しよう」という話になってしまったとしても全く不思議ではありません。


私達が普段使っている円・ドル・ユーロなどの法定通貨の中では米ドルが基軸通貨です。

それと同じように仮想通貨(暗号通貨)の中ではビットコインが基軸通貨となっています。



そしてこのビットコインは2009年から2013年までの
たった4年で価値が120万倍になっているのです。


つまり、

ビットコインが最初に出来た時に仮に1万円を試しに両替しておいた方は、今90億から100億円になっているのです。


たった1万円を円からビットコインに両替して4年間放置していただけで、90億から100億になっているんですよ。



本物の仮想通貨(暗号通貨)を持つことは、
これから生きていく上で、誰もが必ず必要となる「お金」なのです。

NOAHプレゼンテーション動画

ノアコイン NOAH COINとビットコインの圧倒的な違い

3つのビットコインの弱点

   決済をするのに平均10分程度の時間がかかる。


   インフラ整備をしたりプロモーションを行う運営元が存在しない。

仮想通貨(暗号通貨)は、広がれば広がるほどその価値を持ちます。
しかし、ビットコインにはそれを広める為の運営団体がありません。

ですので、ビットコインはボランティアの方が広めようとしています。
所詮はボランティアですから本気でビットコインを広めている訳ではありません。

またインフラ整備にしてもそれをしっかりと行なっていく運営団体が存在しません。
ですので、換金所などのインフラ整備を整えるのに時間がかかっているのです。



   通貨をマイニングするのに非常に多くの電力を必要とする。

これは、「Proof of Work」というビットコインのマイニング方法が多くの電力を必要とさせるからです。

例えば、中国のマイニング工場では約1000万円もの電気代が発生しています。
さらにビットコインをマイニングする為に発生する年間の費用はなんと1000億円にも登ります。

これはもちろんお金もかかりますがそれだけ環境を破壊しているという事です。


つまりビットコインというのは「使えば使うほど環境を大きく破壊してしまう」暗号通貨なのです。

NOAHコインの長所

   数秒で決済が出来ます。

1つの決済をするのに約10分かかるビットコインよりはるかにスムーズに
1つの支払いを行うことが出来ます。


   NOAHファンデーションという広告プロモーションやインフラ整備をする団体を持っている。

不正などを監視する環境もしっかりと整いより安全な暗号通貨として人々はより安心してこの暗号通貨を利用する事ができます。

また、インフラ整備などもしっかりと行なっていくので世界中のあらゆる場所に換金所を作る事が可能です。

そして世界中のATMにもNOAHコインを対応させていくのでドル・円・ペソ・ユーロ・元など世界のあらゆる法定通貨とNOAHコインを両替させる事が出来るようになるのです。

さらにテレビや新聞、インターネットなどの媒体でプロモーションをかけていきますのでより多くの人々に認知させる事ができそして広める事が出来るのです。

ちなみにNOAHファンデーションは子供達への慈善活動など国際貢献なども主眼に活動している非営利団体です。



   ビットコインの「Proof of Work」ではなく「Proof of Stake」と言うマイニング方法を採用しておりビットコインのように電力を消耗しません。

ですので環境にとても優しい通貨になります。

またNOAHコインはビットコインのようにマイニングをする会社が少数の会社で占められるようなシステムにはなっていませんので乗っ取られる危険性もありません。

暗号通貨に両替するだけで初年度20%の利息がもらえる!

初年度20%

そしてそれが複利で40年に渡って増えていくのです。


これはNOAHファンデーションの中に各銀行関係者がいる事で実現が可能になりました。


今、フィリピンの銀行というのは物凄い状況にあります!!

例えば1年間の定期金利にどれだけ利子が付くかというと最低8、5%高いところで14%の利子が付きます。

これを聞くと日本の方は「そんなに利子を付けてその銀行潰れないの?」と思うかもしれませんがあなたは忘れているだけです。

日本の平成2年の郵便局の1年定期の利子は8%以上ですからね。


つまり日本も高度成長期以降にバブルが崩壊するまで各銀行が付けていたい利子は8、9、10%というのが当たり前だったのです。

つまり高度成長期時代の日本と今のフィリピンが同じ状態にあるという事です。


ですので全く怪しいとか利子が高すぎるという事は一切ないのです。

NOAHコインは普及するために儲かる仕組みが用意されています。それが配当です。暗号通貨を持つだけで利息がもらえます。

運営組織のNOAH Foundationは銀行を有しており、そこで利益を還元するわけです。しっかりとした母体のもとで運営する安全性だけでなく、普及のためのポイント還元も提供しています。

配当は初年度20%、2年目17.2%、3年目14.8%とだんだん減少しますので、より早く保有した人が得になるようになっています。

出典 http://ewallet.jp

NOAHコイン購入前に説明会に参加したい方へ

全国4大都市で「NOAHプロジェクトの参加セミナー」開催

■東京
■大阪
■名古屋
■福岡


開催場所・時間などの詳細は、

以下のNOAHプロジェクト参加説明会」をタップして確認してください。


申し込みフォームの「紹介者名」欄には「加藤亜也子」と記入するのを忘れないようにしてくださいね。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう